何でもあきらめず女々しく続けることが楽しくなる

続けることが最強ブログ

Premiere Pro

Premiere Proでカット編集以外でカミソリの使い方

更新日:

Adobe Premiere Pro CC 2018でカミソリアイコンの使い方を説明する。

まだ私も初心者なので覚えるためのメモ書きみたいなものです。

カミソリアイコン使った編集は何もカット編集だけではない。

エフェクトかけたいところの範囲選択にも使える優れものだ。

カット編集以外でカミソリの使い方

Premiere Proはタイムライン上だけで編集ができるので私にも簡単に編集できる。

植木屋に行って盆栽を撮影したりハムスターを撮影したり忙しい!

 

特にハムスターはカメラを置きっぱなしでひたすら撮影している。

監視カメラ状態でカメラは見ていない。

こうやって撮影したビデオはいらない部分が多すぎてカット編集ばかりしていた。

しかしそれ以外にも便利に使うことができる。

 

部分的にモザイクをかけたいときや長いビデオだけどココだけエフェクト掛けたいときなどにカミソリアイコンは便利に使える。

剃刀は青いタイムラインの棒がないと正確な位置でカットできない。

どこでもカットはできるが、正確にカット指定したいときは青い棒を使うとうまくいく。

速度調整の開始地点と終始地点

ビデオを編集するときに同じことを繰り返しの作業は早送りする。

その間をカットして編集する。

クリックすれば色が白くなり選択したことになる。

するとその選択した部分だけにエフェクトをかけたりできる。

 

エフェクトの中にはもちろん早送りもできる。

白く選択したバーを右クリックして出てきたメニューから速度ディレーションを選ぶ。

そこで倍率を選ぶと簡単にできる。

更にカットして速度を速めたりできる。

カットしたからって捨てることはない。

 

カットしたからって音が切れるわけでも何でもない。

切れ込みを入れたら必ずカットしないといけないわけではない。

映像も音声もそのままだ!

選択範囲はエフェクト処理も簡単

長いビデオをカットしたりビデオどうしをつないだりできる。

つないだところは色々トランジションが後から入れられる。

トランジションの長さも調節できる。

 

クリックすると白く選択される。

そして選択されたところが左上でエフェクト操作できる。

映像全体を拡大したり移動させたり自由自在だ。

おそらく最上位モデルで1番優秀なソフトだと思う。

Premiere Proは操作に困ったら動画

Premiere Proは動画でも色々出ている。

動画ではエフェクトをかけるところを白く選択するなども細かなところははぶいている。

全くの初心者向きではない。

 

あまりにも調べたいことが初心者レベルだと出てこない。

自分に関係ないなって思っても使い方の動画は見ていたほうが良いと思います。

Premiere Proは全て自分で操作する

Adobe Premiere Pro CC 2018は何でもできる代わりに何でも自分で操作しないとならない。

わたしは親にDVDを作って持っていくが写真を10枚ほど用意して1曲の長さに合わせてスライドショーを作成してDVDを作っていく。

 

そうなると市販のソフトは自動で長さを調整してくれたりする。

しかしAdobe Premiere Pro CC 2018は全て自分で調節もしないといけない。

 

しかしタイムライン上で音量も部分的に変えられたり、映像にもエフェクトをかけられたり非常に便利です。

今の新しいバージョンしか知らないですが、全てタイムライン上でできます。

カット編集も全てです。

編集家を気取るのはこのAdobe Premiere Pro CC 2018でしか味わえない。

アダルト
すごーい

これ一人で編集したの?

プロよりすごいじゃん

ってモテまくりかも…

常に最新ソフトが使える!大塚商会のAdobe

 

-Premiere Pro

Copyright© 続けることが最強ブログ , 2020 All Rights Reserved.