何でもあきらめず女々しく続けることが楽しくなる

続けることが最強ブログ

撮影機材

三脚が置けない所でも設置場所を選ばないカメラ取付方法

更新日:

UTEBITクランプ・カメラ雲台セットは取り付け場所を選ばないでビデオカメラを設置できるクランプです。

三脚を置くのは場所を選ぶ。

毎日通えないのでビデオカメラを設置して録画ボタンを入れてもらいたい人にとても便利。

ビデオカメラのバッテリーを外して直接電源を供給して録画ができる。

SDカードの容量があれば3日は交換必要なしで乗り切れる。

設置場所を選ばらいビデオカメラ

盆栽販売店の作業場なのでほこりなど精密機械を置いとくには過酷な場所です。

しかし毎日通えはしないし、日にちも指定できない。

冬の作業なので三脚の置きたい場所はストーブの熱で熱くなる場所です。

だからどうしてもどこでも取り付けられるクランプが欲しかったのです。

どちら側も挟むところは固いゴム製になっているので滑って落ちることも画角がずれることもない。

クランプの先にカメラ雲台を取り付ければ準備OK!

操作を教えて自動撮影

モニターを開けば電源が入るので後は録画ボタンを押してもらうだけ。

電源コードは挿しっぱなし。

バッテリーは外すて電源ケーブルを直接挿しています。

これでバッテリーの心配もなくなり、任せて録画できます。

自分が行くときにSDカードを取り替えて上げれば引き続き録画をお願いできます。

  1. モニターを開いて電源を入れてもらう
  2. 録画ボタンを押してもらう
  3. 帰りはモニターを閉じて電源を切ってもらう

パナソニックのHV-V360Mを調べてもバッテリーを外しても録画できるのか中々見つかりません。

ならば自分で試してみました。

きちんと録画もできるし熱も持ちません。

ビデオカメラを追加購入

今まであった パナソニックのHV-V360Mを固定して撮影に使うので新たにビデオカメラが必要です。

それで同じ機種の白を購入して撮影に行きました。

全てYouTubeにアップしてそれなりに先行投資した機材代も取り戻せました。

まっ!その他にも収益はありました。

ピントが合ってませんが安くて良い機材でした。

カメラの自由雲台はチョット使い方がイマイチでベルボンの自由雲台が良いです。

自由に動けば真下も自由に撮影できます。

ズームを使ったり大変重宝しました。

ホワイトが1,000円くらい値段が高いようです。

人気があるのか黒を買ったときよりは安いけど同じ機種なのに白の方が高いです。

同じSDカードを入れても番号が新しくなります。

だから使い分けができて仕分けもしやすいです。

6Cmまでなら固定場所を選ばない

色んな場所に雲台がつけられるので、どこに固定でもどこを撮影しようとも固定できないところは無いと思います。

固いゴムで細い溝があり挟むので丸いパイプでも大丈夫です。

固定できないところは無いように思います。

クランプの広がる範囲ならどこでも固定可能です。

6Cm幅までは固定可能です。6.1Cmまで取り付け可能です。

鉄製なので無理しても割れたり曲がったりしません。

とても使い勝手が良いビデオカメラ取り付けクランプです。

-撮影機材

Copyright© 続けることが最強ブログ , 2019 All Rights Reserved.